◆ はたらく都議会議員

一度きりの人生、全力で駆け抜ける。生まれ育った社会や国をすこしでもよくする。

ただそのために、ひたすらに仕事がしたい。

 

これまでの政治家のイメージとは違うかも知れない。

「はたらく都議会議員」滝田やすひこ。

志は国づくり、目線は市民・ビジネスマン、フットワークは地元から。

汗をかき、自分の手足頭をうごかしていきます。

 


◆ 私のミッション・基本理念:

 

  1. 「個人・地域が活躍できる社会の実現」
    ・ 環境変化に対応できない旧来の政治構造から脱却する
      東京が地方分権をリードする、規制緩和のスピードアップ(特区活用)、情報公開徹底
    ・ 個人や民間の活力を最大化する
      民間企業やNPOによる社会課題の解決を促進。働き方改革、時間生産性の向上。
    ・ 人材育成、子育て、健康を重視する。人が宝。
      子供を安心して生み育てられる。シニアの方が健康で元気に活動できる。
      現役世代が環境変化に合わせて学ぶ機会がある。再チャレンジできる。

 

  2.「都市計画の見直し」
    ・ 環境の変化(人口減少・高齢化・技術革新)に合わせた都市計画・都市戦略に見直す
    ・ コンパクトシティ、エコシティ(財政・環境面の持続性)の概念を反映する
    ・ 都市の歴史・文化・個性を重視し、再興・活用する
    ・ 革新的な技術の進歩(特にモビリティ)を計画に反映する
    ・ 地震災害へのソフトハード両面での十分な備えをする

 

  3.「公明正大な政治実現の仕組みづくり」
    ・ 情報公開の徹底、政務活動費の内容公開、選挙費用の公開
    ・ 投票率の向上、市民参加の場づくり、政治リテラシーの向上
    ・ 地方議会の政策立案環境の強化、議員定数のあり方の検討

 


◆ 基本政策:

 

  1. 議会改革・健全な政治環境づくり

    ・議会改革条例を制定する (二元代表制の機能発揮・住民参加・意思決定プロセスの改革)

    ・情報公開ルールの見直し (黒塗り、のりべん、密室、忖度からの脱却)

    ・不要な議員特権の廃止     (議員公用車の廃止、政務活動費での飲食を禁止)

    ・政務活動費の収支報告公表

    ・議員提案による政策条例づくり  (過去25年で議員提案条例は1本)

   知事や都庁職員と切磋琢磨して政策を磨く。あたり前の働く都議会が必要。

 

  ※都議会で議会改革検討委員会を立ち上げ実現していく。また、滝田自身の行動で体現する。

 

  2. 人づくり・人に投資 (子育て、健康、福祉、働き方)
   【子育て環境の充実】

    ・待機児童解消のための予算確保、担い手支援、利用者利便性の向上

    ・都有地・公園などを活用した保育施設の場所確保

    ・液体育児用ミルクの実現、普及促進に向けた取り組み

   【超高齢化時代のあり方】

    ・施設整備や在宅支援の充実。2025年末までに、特別養護老人ホーム定員6万人、

     認知症高齢者のグループホーム定員2万人、介護老人保健施設定員3万人に整備。

    ・健康寿命を延ばす。介護予防、スポーツ振興、地域医療、がん検診受診の推進

    ・受動喫煙防止条例 (屋内禁煙の推進、子どもの受動喫煙防止)

    ・オリンピック開催を通じたスポーツ振興。障碍者スポーツの認知発展、用具製品の開発促進

   【働き方改革】

    ・時差ビズ、テレワーク推進。鉄道事業者との協同による、通勤混雑の解消。

    ・長時間労働の削減・生産性の向上を進める企業への支援、教職員・都庁職員の労働環境改善

 

 ※都議会最大会派「都民ファーストの会」公約。53名が分担・連携して専門的に問題解決にあたる。

  議会審議・政策・予算提言・議員提案条例などで実現していく。

 

  3. 多摩地域・八王子の活性化とまちづくり

    ・八王子 産業交流拠点(明神町・旭町)周辺の一体まちづくり

    ・首都大学東京(南大沢)の活用、100歳大学の実現、地域との連携

    ・市町村総合交付金の充実・多摩振興プランの策定と具体策化

    ・多摩の自然・魅力の発信やブランド化、外国人観光2500万人達成・多摩地域への還流

    ・空き家・空き店舗の活用、老朽化都営住宅の計画的な建替え促進

    ・多摩地域の医療・福祉・教育の充実を目指す

    ・道路整備支援、地域交通の利便性向上

    ・大学・企業研究所と地域産業の協業促進

    ・農地・山林の保全、多摩産材の活用
    ・無電柱化推進に向けた区市町村道への財政支援

    ・LED照明の普及 

 

 ※「都民ファーストの会」多摩部会による政策研究と公約の強化・具体化をする。

  多摩部会 南多摩分科会(八王子・日野・多摩・町田)の取りまとめ役として議論をリードする。

 

  4. 東京の都市づくり

   【東京のあり方】

    ・世界の都市総合力ランキング1位を目指す(2017年3位)

    ・3つのシティの具体化。セーフシティ・ダイバーシティ・スマートシティ。

    ・日本の首都として、経済の牽引・エンジンとなる基盤を整える。
    ・世界都市として、都市課題の先駆的な解決モデルの構築・発信

   【都市づくり】

    ・投資のメリハリ、既存ストックの最大活用、技術革新の都市づくりへの展開

    ・長期ビジョンに基づいた都市形成・都市づくりのグランドデザインの具体化

    ・都市戦略としての公園の多面的活用

    ・公共空間(道路・河川・壁面など)のまちづくりへの活用

    ・都市の緑化推進、都市農地の保全・活用

    ・都市の省エネ化・LED照明の活用・ヒートアイランド対策

    ・公共施設のバリアフリー化(駅ホームドア・エレベータ拡充・トイレ洋式化)

    ・燃え広がらない住宅街の形成・緊急輸送道路の確保・無電柱化・老朽インフラの計画更新

    ・交通ネットワークの充実

       (外環道の完成・渋滞改善、鉄道混雑率の改善、羽田アクセス向上・地域交通網)

    ・臨海部の都市づくり(五輪レガシー・豊洲市場・築地跡地を一体的なまちづくりの観点)

    ・自動運転車時代の都市づくりのあり方の検討

    ・都市情報のデータ集約・見える化の促進

 

※都議会の常任委員会である都市整備委員会での審議を通じて、実現する。

 都市工学修士卒の専門知見を活かし、「都民ファーストの会」都市整備部会の政策議論をリードする。

 

 三つのシティ:

  ・防災に強い、安心で、安全な都市「セーフシティ」
  ・誰もがいきいきと活躍できる都市「ダイバーシティ」
  ・環境と経済の持続可能な先進都市「スマートシティ」